2016.3.17

デキるビジネスマン必見!周囲と差をつけたい人にオススメの【名刺入れ】

デキるビジネスマン必見!周囲と差をつけたい人にオススメの【名刺入れ】

ビジネス上のお付き合いはまず名刺交換から始まります。

そこで第一印象を大きく左右する名刺入れは、ビジネスマンにとってとても重要なアイテムです。上質な名刺入れであれば、きちんとした手入れをすることで一生モノの相棒にもなるので、慎重に選びたいところですね。

今回は、ビジネスマンが持つべき「2大レザー名刺入れ」のブランドをご紹介したいと思います。

名刺入れは革モノを

名刺入れは革モノを

名刺入れは上質な革製品がベストです。

 

ステンレス製の名刺入れは、基本的に簡易的な用途で使用するものです。名刺交換の際に相手がきちんとした革製品である場合に失礼になりますし、信頼が置けない相手だと認識されても仕方ありません。また同様の理由で、ブランドの主張が強いものや、派手なカジュアルデザインのものは避けるべきでしょう。

 

商談の時には、名刺入れが相手の名刺の座布団のような役割も果たします。大事な商談相手にボロボロの座布団を用意する人はいないでしょう。

 

このような理由から、落ち着いた色の高級革製品をオススメします。

絶対ハズさない2大王道レザー

絶対ハズさない2大王道レザー

一流のビジネスマンであるからには、名刺入れは高級な革で作られたモノを使いましょう。

 

なかでも強くオススメするのが2大高級レザーとして有名な「コードバン」「ブライドル」です。これらの革で作られた名刺入れは、丁寧に手入れをする事で一生使い続ける事ができます。

 

 

【コードバン】

 

キングオブレザー、革のダイヤモンド、とも称され、一頭からごくわずかしか採れない希少価値高い高級革です。牛革の3倍の強度を持っていると言われる硬質な素材であり、かつキメ細やかでしっとりとした肌触りが品質の良さを物語っています。それに加え、汚れやシミ、傷にも強く、むしろ使う毎にツヤが増し、独特の光沢が出てくるのも特徴です。

 

【ブライドル】

 

イギリスで1000年以上の歴史を持つ伝統的な製法で作られる高級革です。

繊維を引き締める為に何度もロウを塗り込む独特の製法で作られるので、ブルーム(白い粉)が浮き出るという特徴があります。このブルームを拭き取ると、他の革にはない奥深いツヤが出ます。また、耐久性を高める製法で作られる為、熟練の職人にしか縫製することが出来ません。その複雑かつ手間のかかる工程を踏んで出来上がる革はまさに最高品質です。

 

最後にコードバンの名刺入れとブライドルの名刺入れのオススメブランドをご紹介します。

コードバンおすすめブランド

コードバンおすすめブランド

【ココマイスター】

イタリアの伝統製法を用い、日本の熟練職人が一つ一つ丁寧に作りあげる高級レザー名刺入れ。手に吸い付くような質感はココマイスターにしか出せない味です。

革選びから、どうしたら素材を最大限生かせるのか、という部分にこだわり、素材の特性に合わせて職人さんが厳選。

財布の切れ端部分には、コバ塗りとよばれる、手間のかかる仕事を施しています。

職人の手により、素材の良さをシンプルに感じ取ることができます。

 

【エッティンガー】

表面と内側のカラーが違うバイカラーのデザインが特徴的な名門ブランド。海外革製品ブランドの中でもデザイン性に優れており、お洒落なビジネスマンにとても人気です。

1996年より、英国王室御用達のブランドとももなっており、エッティンガーは、現在でも英国王室に皮革製品を納めています。

その他にもギフトオブイヤーなどの数々を受賞しており、確かなクオリティを認められています。

とてもオシャレな英国紳士、チャールズ皇太子の愛用品・お気に入りでもあり、英国ブレア元首相、海外セレブや、著名人にも広く愛用されています。

 

【ダンヒル】

ダンヒルというと喫煙具やタバコを連想する方もいるかもしれません。

でも、欧米でダンヒルは人気の高い男性向けの皮革ブランドとして有名なのです。

ブランドカラーもブラックと男向けになっています。

そしてこちらも英国王室御用達の高級ブランド。無駄のないシンプルなデザインと、ダンヒルがこだわる黒の色味によって男らしさが際立ちます。

男性人気が高く、事実ダンヒルユーザーの9割以上が男性です。

 

ブライドルおすすめブランド

ブライドルおすすめブランド

【ブリティッシュグリーン】

英国の上質な革を使用しているにも関わらず、リーズナブルな価格で手に入るところが魅力的。

英国伝統のブライドルレザー(成牛の表革を約6週間、天然植物エキスを用いてなめしてから染色を施し、約3ヶ月かけて会社独自のワックスを染みこませた革で、元来は馬具メーカーが馬の鞍を造る為に開発をした素材)を使用。

馬具用に開発されたことからもわかるように、その強度は折り紙つきです。

 

【グレンロイヤル】

最高グレードのブライドルレザーを使ったアイテムを展開するスコットランドのブランド。

質の高さと落ち着いたデザインに加え、時代に合わせた機能性も兼ね備えているコレクションが揃っています。

また経年変化(エイジング)がより一層楽しめる革となっていて、通常のブライドルレザーより強めの変化が見られるようです。

 

【ホワイトハウスコックス】

革製品の王様と謳われる、伝統ある老舗高級ブランド。さり気なく高級感を感じさせるコレクションの数々は、長い期間愛用することが出来る耐久性を備えています。使い込むことでホワイトハウスコックスならではの味わい深さが増していく為、ファンも多いです。

参考

http://www.novaconference.org/entry17.

http://guru3me.com/?p=5005

https://kaumo.jp/topic/4400

http://www.xn--pbkv20hisat0dx00alz3a.com/

あわせて読みたい記事はこちら!