2015.12.8

死ぬまでに飲みたい!過去100年のうち37回しか販売されなかった幻のシャンパン

死ぬまでに飲みたい!過去100年のうち37回しか販売されなかった幻のシャンパン

シャンパンの中でもフランスのシャンパーニュ地方で伝統的な造られ方をした発泡ワインのことだけを「シャンパーニュ」と呼びますが、そのシャンパーニュの中でも世界最高友いわれる「サロン」というシャンパーニュのメーカーがあります。

フランスで最も権威があり、シャンパーニュの中で6件にしか贈られない最高評価の3つ星を獲得しています。

過去100年の歴史のなかで37回しか販売されなかった幻のサロン

過去100年の歴史のなかで37回しか販売されなかった幻のサロン

1900年代のはじめにメニル・シェル・オジェ村に設立され、その村の際立った場所で育てられたシャルドネというブドウのみを原料とし、しかもシャルドネの出来が良い年だけ造るという独自のこだわりがあるため、過去100年の間にも37回販売されただけなのです。

 

60日目のぶどう ドイツのリースリング

 

こだわりのシャドルネのみで造られたこのシャンパーニュは、マロラクティック発酵をせず、飲みごろに至るまで熟成に10年という月日をかけていて、ミネラルを豊富に含み他には類を見ないような清らかでシャドルネのエッセンスが凝縮されていて、透明感にあふれる味わいを与えられています。
一般的に1つの生産者が数種類のシャンパーニュを生産していますが、サロンは1つの場所で育てられた1つの品種が1つのヴィンテージの時のみシャンパーニュを造るということににこだわって1種類のみが造られています。

他のメーカーが「今年はブドウの出来が良い」とヴィンテージシャンパーニュを作って販売したとしても「今年は生産の年ではない」と一切生産をしないということもあるのです。

 

セレブにとっても幻のシャンパーニュ

セレブにとっても幻のシャンパーニュ

このように生産量や生産するときが少なくて、熟成に10年のかかっているのに市場に出ればすぐになくなってしまうので「幻のシャンパーニュ」とも言われ、一般庶民はなかなか入手することができません。
目にする機会さえなかなかないので、セレブな方たちにとっても「憧れのシャンーニュ」なのです。
このような高級なシャンパーニュは造られた年によっても価格は違いますが、5、6万円のものから50万円くらいするものまであり、今では1997年ものが最高だといわれていますがヴィンテージによって今でも高価な取引がされています。

サロンの姉妹メゾン「ドゥラモット」

サロンの姉妹メゾン「ドゥラモット」

サロンと同じ村に「ドゥラモット」というメーカーがあるのですが、ドゥラモットはサロンがこだわりを持って生産しなかったときのシャドルネを使って「ブリュットNV」「プラン・ド・プランNV」「プラン・ド・プラン・ミレジメ」「ロゼNV」という4種類のシャンパーニュを造っていてサロンの姉妹メゾンという位置づけになっています。

 

dela_main-re

 

ドゥラモットのシャンパーニュも瓶内熟成期間は長く、3年から5年書けて寝かされるのです。中でも「プラン・ド・プラン・ミレジメ」はサロンとよく似ていて気品と複雑味が堪能できるシャンパーニュです。
この2つのメーカーによってこだわりのシャルネドというブドウでシャンパーニュを生産しています。高級すぎてなかなか手が出な行けれど味わってみたいという場合には、数千円で購入することができるドゥラモットのシャンパーニュがおすすめです。

あわせて読みたい記事はこちら!