2015.12.29

男性が「猫と暮らす」に夢中なワケ

男性が「猫と暮らす」に夢中なワケ

あなたは、犬派?それとも猫派ですか?
犬も猫もそれぞれに長所がありとっても可愛いですよね。
しかも、犬も猫も、一緒に暮らすことで精神衛生上癒されたり、
子供の免疫力が高まったりという科学的根拠もあるのだとか。
犬の方が人なつっこいというイメージがある方も多くいるかと思いますが、
最近は、猫を飼う男性が増えてきているんです。
今回は、男性が猫と暮らすのに夢中になってしまう理由をご紹介したいと思います。

【理由01】一人暮らしでも飼いやすい

Hombre abraza a su hermoso gato en fondo blanco. Dueos y mascotas. Concepto Animales

 

一人暮らしでペットを飼う際の心配は、ペットが日中一人(一匹)でいてもストレスが貯まらないか、多忙の生活の中できちんと遊んであげられるか、広くない家でもストレスを抱えないか、といったところだと思います。
犬は、さみしがりやなので(そこが可愛いのですが)、お留守番が苦手です。また、お散歩が大好きなので、定期的にお散歩が出来ない生活だとストレスを抱えてしまいます。

一方、猫はマイペースで一人でいる時間をあまり苦にしないので(もちろん個性があるので猫によって違うこともありますが)、日中のお留守番で犬ほどストレスを抱えませんし、2日程の短期ならお留守番が出来ます。
散歩をする必要もありませんし、狭いところが大好きなので、一人暮らし用の物件でも安心して飼えます。

 

【理由02】ツンデレで自由奔放な性格

猫はマイペースで自由奔放な性格と言われていますが、気が向くと急に甘えてきたり、そばに座ってみたり、そのギャップに心を奪われる人も多いのではないでしょうか。

恋愛と同じで「逃げられると追いたくなる」「普段はツンツンなのに急にデレデレしてくる」「何を考えているかわからない」といったところにキュンポイントがありますよね。

 

【理由03】見た目が可愛くて癒される

fotolia_89581966

 

あの大きくてウルウルした真ん丸な目、柔らかくて可愛らしい形をした肉球、サラサラの毛並み、ピンとたった三角の耳、意外と伸びるふにゅふにゃボディ。
猫好きの人にとってはたまらない可愛さで、見ているだけで癒やされますよね。
人間でも目が大きい人は感情表現が豊かで、好意をもたれやすいことがわかっていて、人間は本能的に赤ちゃんなど目が大きいものを守りたいと感じる意見もあるそうです。
こんなかわいい見た目だと、なんでも許してしまいそうですね。

 

【理由04】心筋梗塞の発生率が減る

猫を飼っていた人は、飼ったことがない人と比べて心筋梗塞の発生率が40%低いと報告した論文があります。

また、この論文では、犬を飼っている人も同じようにデータを集計していますが、犬を飼っている人は犬を飼っていない人と比べても、心筋梗塞の発生率に余り差がなかったそうです。

つまり、心筋梗塞のリスクを減少させるのは猫独特の健康効果であることがわかります。
いかがでしたか?
心身ともに癒やしの効果を与えてくれる猫。
猫派ではなかった人も、猫にハマってしまう日が意外とすぐに来るかもしれませんね。

 

あわせて読みたい記事はこちら!