2016.4.28

その秘密に迫る!凄腕の経営者はなぜ朝ランするのか?

その秘密に迫る!凄腕の経営者はなぜ朝ランするのか?

皆さんは早朝をどのように過ごしますか?

ギリギリまで寝て急いで準備する。少し早めに起きてゆっくり時間を楽しむなど、人それぞれだと思います。

 

その早朝を有効活用しているのが経営者の人達です。

デキる経営者は朝早く起きてなんらかの活動をする人が多いようなのです。

その中でも特に多いのが「朝ラン」。

 

朝から軽く体を動かす経営者が結構いるようなのです。

今回は、なぜ有能経営者は「朝ラン」を取り入れるのか、その理由に迫ります。

早起きする経営者は成功しやすい?

早起きする経営者は成功しやすい?

成功している経営者の多くは一日の始まりが早い人が多いです。

5~6時に起きる、中には毎朝4時に起きているという人一定数いるようなのです。

早起きの習慣があり、かつ早朝のランニングも習慣にしている経営者には成功者が多いという仮説ですが、その理由は以下のようなものです。

 

寝起きは当然体温が低く代謝も低いですが、朝にランニングをすることでまず体温と代謝が向上します。代謝の向上によって体がだんだん目覚めていき、体中に血が通い、頭も冴えてきます。

 

そして夜に比べて朝は頭の中がクリアな状態になるため、フレッシュな状態で思考ができます。

脳科学的に見ると、夕方以降は色々な情報や感情で頭の中がいっぱいになり脳の容量を多く使ってしまい、その状態では良いアイディアはなかなか思い浮かびにくいのだそうです。

しかし、朝はフレッシュな状態なので脳の容量に余裕があり、良いアイディアが思い浮かびやすいとされています。

 

朝ランを取り入れて頭を目覚めさせると、朝~仕事中にかけてよく頭がはたらくようになるのだそうです。

結果として良い仕事ができるようになるから経営者として成功しやすい、と考えられるのです。

健康維持にも最適!

健康維持にも最適!

経営者の人は日中~夜にかけてとても忙しい人が多く、体調管理がおろそかになりがちです。

経営者がもし体調を崩してしまったらそれだけで会社にとっての損失になってしまいます。

そうならないために健康を維持したい、となるとそのために使える時間はどこか?

 

結局、早起きして朝の時間帯を使うのが合理的なのです。

朝型生活にしてから体の調子が良くなった、と語る人は多くいます。

 

夜型だとどうしても体に負担がかかってしまうので、朝型に変えることで健康維持をはかるのがよさそうですね。

まとめ

まとめ

経営者に限らず、何かを成し遂げたい、仕事の効率を上げたい、健康になりたいという人は朝型生活に変えてみることをおススメします。

 

慣れるまではつらく感じるかもしれませんが、1週間も続ければ自然と朝型に体も頭も慣れてくるはずです。

あわせて読みたい記事はこちら!