2016.5.27

貧乏生活から脱却して億万長者になる方法

貧乏生活から脱却して億万長者になる方法

人は誰でもお金持ちになりたいと思っているはずです。

お金はいくらあっても困るものではありません。

 

貧乏生活を送っている人にとっては、まずは中流階級を目指そうと考えるのが普通ですが、中流階級になったとしても、もっとお金があれば…と思うようになり、お金はもういらないというのは億万長者くらいでしょう。

 

では、貧乏生活を送っている人が億万長者になることは可能なのでしょうか?

 

貧乏生活から脱却して億万長者になる方法をいくつかご紹介します。

起業する

起業する

一般のサラリーマンでは、営業で数千万、数億の売り上げをあげても、役職や給料が上がったり、ボーナスの額が増えたりするくらいでしょう。

 

そして、そういった業績に貢献したとしても、企業の一員である限りはたとえ大企業だったとしても、たかが知れています。

 

その能力があれば、起業して同様の売り上げをあげれば、その分がすべて自分の収入になるのです。

一攫千金を狙う

一攫千金を狙う

億万長者と聞いて一番に頭に浮かぶのは、宝くじなどの一攫千金狙いのものではないでしょうか?

 

いまや一等賞金が7億円10億円といったジャンボ宝くじは、ダメもとで買ってみようかな?と考える人は多いでしょう。

サッカーくじや、ロトなども繰り越せば億という単位の賞金になることもあります。

 

確率から言うとかなり低いとはいえ、買わなければ絶対に当たらないので、夢を見るつもりで買うのです。

宝くじほどの確率ではありませんが、競馬や競輪といったギャンブルもあります。

 

以前、3連単2000万円の万馬券が出たことが大きな話題となりました。

これを1000円買っていれば2億円になっていたのです。

特許や著作権をとる

Fotolia_32114672_Subscription_Monthly_M

 

一攫千金に近いですが、企画力や発想力がある人は発明などもおススメです。

 

狙って発明するのではなく、こんなものがあると便利だろうと考え、共感する人が多ければ商品化し、特許をとればかなりの額のお金が入ってきます。

 

例えば、洗濯機の中のごみ取りネットなどは発明者に3億円入ったともいわれているので、良いアイディアがあれば特許申請するのもいいでしょう。

 

作詞や作曲が出来る人は、著作権をとるという方法もあります。

 

作詞や作曲した曲がCDで売れた場合6%が印税として入ってきますが、その他にもCMやドラマで使われた、オルゴールやパーティーグッズの商品に使われたといった場合にもかなりの印税が入るでしょう。

 

カラオケで歌われた場合、1回歌われただけで約5円の印税が入るという説もあるので、1曲ヒットすればかなりのお金が入ってくることになります。

株やFXをやる

株やFXをやる

株やFXは仕組みを勉強し、株を購入して経済状況を見て売り買いを行うことで、儲けることが出来ます

 

株は毎日動いているので、一日で大儲けすることも可能です。

 

例えば、10円の銘柄を100万円分買って、1日で10円値上がりしたら1日で100万円儲けるということになります。

あわせて読みたい記事はこちら!