2016.5.13

女心をくすぐる「カクテル言葉」。酒場でかわされる密かなメッセージとは?

女心をくすぐる「カクテル言葉」。酒場でかわされる密かなメッセージとは?

皆さんは「カクテル言葉」というものをご存知でしょうか?

「花言葉」なら馴染みがあるかと思いますが、「カクテル言葉」はあまり聞いたことがない人も多いと思います。

 

カクテルにはそれぞれ意味があって、お酒の場でのちょっとした会話にピッタリの言葉なのです。

それを女性に対して向けることが密かなブームになっています。

 

バーテンダーなどからの伝聞や専門書籍で伝わり広まってきたロマンチックな知識です。

あなたも身につけて大切な人へ気持ちを伝えたり、告白の演出をしてみては?

カクテル言葉のはじまり

9aa9e5eb55a971c27bf85d216e73548a_l

 

今、一般的に知られるカクテルの発祥はアメリカと言われています。

 

後に、カクテルを作るバーテンダーがヨーロッパに移ったことをきっかけに、バーでカクテルを嗜む大人の文化が広がっていきました。もともと社交会などでお酒を飲む文化が根付いていたため、ヨーロッパでもカクテルブームが巻き起こっていったのです。

 

カクテル言葉自体は、いつどのように伝わったか、その由来はハッキリとしていないそうです。しかし、その多くはカクテルのレシピやカクテルができた背景などから付けられたものが多いようです。

 

まずは、お気に入りのお酒や自分がよく飲むお酒からカクテル言葉を知ってみるのも面白いのではないでしょうか?

 

▼関連記事はこちらから

 

一度は女性を連れて行きたい!楽しみながら飲める珍しいバー3選

色々なカクテル言葉

色々なカクテル言葉

 

 

◆キール(白ワイン+カシスリキュール)

 

女性に人気のキールは、出逢いに感謝するお酒として広まりました。そのため、“最高のめぐり逢い”というカクテル言葉があります。

 

250px-Kir_cocktail

 

 

◆カシスソーダ(カシスリキュール+ソーダ)

 

居酒屋など、多くの店舗で取り扱われ、比較的なじみ深いカシスソーダの意味は、「貴女は魅力的」

 

cocktail36

 

◆スクリュードライバー(ウォッカ+オレンジジュース)

 

スクリュードライバーは「あなたに心を奪われた」という意味があります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

◆モスコミュール(ウォッカ+ライム+ジンジャエール)

 

喧嘩してしまって仲直りしたい。

 

そんな時はモスコミュールです。カクテル言葉は「けんかをしたらその日のうちに仲直りする」という意味です。

 

Fotolia_96776941_Subscription_Monthly_M

 

お断りを意味するカクテルも?

お断りを意味するカクテルも?

相手への熱い気持ちを伝えられるものもあれば、お断りを意味するカクテルもあるのです。

 

◆トワイライト・ゾーン(ラム+アプリコットブランデー+カシスリキュール+グレープルーツジュース)

 

グレープフルーツのほろ苦さがアクセントになる、トワイライト・ゾーンは「遠慮」という意味があります。

 

da782b4a-a66e-4033-9b57-a2529af3b92c

 

◆シャンディガフ(ビール+ジンジャエール)

 

飲み口の優しさから、ビールが苦手な人にも人気のあるシャンディガフは、「無駄なこと」という意味。

 

640x640_rect_16504215

 

◆ピンクジン(ドライジン+アンゴスチェラビターズ)

 

さっぱりした味と見た目の可愛らしい色で人気のピンクジンには「ナルシスト」という意味があります。

 

 

◆ブルームーン(ドライジン+パルフェ・タムール+レモン)

 

カクテルの王道とも言えるブルームーンには、「できない相談」というメッセージがあります。

 

 

◆ギムレット(ビーフィータージン+フレッシュライムジュース)

 

ギムレットには「長いお別れ」という意味があります。

 

このように、相手の告白に対してそれとなくお断りする意味合いのものもあるのです。

 

 

自分が頼んで遠回しに訴えかけるとはいかないまでも、小ネタとして知っておけば飲み会の話のネタとして良いと思いますので、興味がある方はぜひ他にも調べてみてくださいね!

あわせて読みたい記事はこちら!