2016.7.17

第一印象劇的アップ!目力を鍛える3つの方法

第一印象劇的アップ!目力を鍛える3つの方法

印象的な目をした人は第一印象も良く、引き込まれるような魅力を持っている人が多いもの。

 

テレビにでている芸能人が良い例ですね。

 

芸能人は声や体型、顔は当然のこと、やはり吸い込まれるような瞳の美しさや目力はアピールになるものです。

 

「でもそれは生まれ持ったもので、目の細い、小さい自分には無縁の話」と思っている人もいるでしょう。

 

ですが、印象的な目力はある程度までは自分の努力でなんとかできるものなのです。

 

今回は、目力を強める方法についてご紹介していきます。

眼輪筋を鍛える

眼輪筋を鍛える

目をパッチリさせるためには、目の上下にある「眼輪筋」を鍛えるのが有効です。

 

これは簡単なエクササイズで鍛えることができます。

 

①まずは人差し指と中指のVサインをつくり、その指を眉の端にあてます。

その指を押し上げて3秒待ちます。これを3回程度繰り返します。

 

②目を閉じて上まぶたのふちに力を入れるようにして3秒保ちます。これを緩めて再度力を入れます。

これも3回程度繰り返します。

 

③Vサインをつくり、目頭と目尻にあてます。

両指を互いに外側に広げて目の周りの筋肉を伸ばします。

 

以上3つの方法を毎日行うことで、目が徐々にパッチリしてきます。

 

▼関連記事はこちらから

【見た目が9割】押さえておきたい「眉毛ケア」のハウツー

 

まぶたの脂肪燃焼

まぶたの脂肪燃焼

目の大きさにかかわらず、まぶたの脂肪を燃焼すると、目の周りがスッキリして大きく見せることができます。

 

そのための方法として、シャワーを使って行うエクササイズがあります。

 

①目を閉じて、まぶたに40度くらいのシャワーを5秒ほどあてます。

 

5秒離します。これを5~10回ほど繰り返しましょう。

 

こうすることでシャワーの水圧で、まぶたが刺激され、まぶたの脂肪燃焼を促進してくれます。

 

ただし、圧の強すぎるシャワーを使ったり熱すぎるお湯で行うと目に負担がかかりますので、長時間にわたって行わない、目に痛みのあるときは控えるように気をつけましょう。

 

また就寝前に、温めたタオルと冷やしたタオルを、それぞれ順番に3~5分位ずつあてていくだけで目の疲れを緩和し、むくみの改善や脂肪燃焼を促進してくれます。

 

まぶたの脂肪を燃焼することで、目が大きくなり、場合によっては二重になる場合もあります。

見開き運動

見開き運動

スマホやパソコンを見ていると意識していなくても徐々に目が疲れて中心に寄っていきます。

 

そうなると目も小さく見えてしまいます。

 

それを防ぐためには、簡単な方法で効果を防ぐことができます。

 

休憩中や就寝前など、目を5秒間思いっきり見開く、緩めるという運動を30回ほど繰り返してみてください。

 

固まった筋肉をほぐしてくれるので、目の周りの運動として取り入れてみるとよいでしょう。

 

ぜひ、毎日少しずつ実践することで理想の目力を手に入れましょう!

あわせて読みたい記事はこちら!