2015.12.12

2016年はゲレンデが熱い!進化系ウィンタースポーツが続々登場!

2016年はゲレンデが熱い!進化系ウィンタースポーツが続々登場!

やってきましたウィンタースポーツの季節!

既に初滑りに行った方も多いかと思いのでは?

今年ゲレンデに行ってみると、例年に比べてちょっとした変化が・・・。

「なんか見たことない乗り物に乗ってる人達がいる!!」

そうなんです。今ウィンタースポーツ界に新しい風が吹き始めています!

流行に敏感な人達が新しいスポーツに挑戦し始めているようです。

今回は、流行必須?!な進化系ウィンタースポーツについてご紹介します!

板が真っ二つ!「デュアルスノーボード」がキテる?!

板が真っ二つ!「デュアルスノーボード」がキテる?!

 

ウィンタースポーツの王道、スノーボードに弟分が出来ました。

それが「デュアルスノーボード」。(セパレートスノーボードとも言います。)

このスポーツは2011年にアメリカのスノーボーダーによって考案されたもので、近年日本でも始める人が増えてきています。とはいってもまだまだ認知度は低いため、ゲレンデに行けば注目の的になること間違いなし!

 

 

 

ゲレンデで装着したまま歩くことができ、更に両足が自由に動かせるため、出来るトリックの幅も大きく広がります。

ただ注意したいのは、エッジ面が通常のスノーボードの半分以下であるため、「スピードが出ると止まれないこと」。スピードを重視する人には少し物足りないかもしれませんね。

 

 

 

【デュアルスノーボード】

 

ウィンタースポーツ界に新風をもたらす!かっこよすぎるソリが登場。

ウィンタースポーツ界に新風をもたらす!かっこよすぎるソリが登場。

 

小さいころによくソリで遊んだという人は多いでしょう。

そのため、ソリに乗ってるのは子供かサンタクロースというイメージが定着してしまっています。

しかし、その固定概念を吹き飛ばす「オトナのためのソリ」が出来ました。

それが「SCION」。

 

 

 

まるでスノーモービルのような、スタイリッシュでカッコいいフォルム!!

視線が低く、かなりのスピードが出るので、スキーやスノーボードとは違った楽しみ方ができそうです。

 

W⑦

 

一応ハンドルはついていますが、ブレーキは手で。

ソリならではの無鉄砲感はそのまま残されていますね!

 

 

顔面擦りそう!恐怖の新スポーツ「Airboard」

顔面擦りそう!恐怖の新スポーツ「Airboard」

 

ペンギンかアザラシのように雪山を全速力で滑り抜ける新スポーツ「Airboard」が誕生!

ボディボードのようにうつぶせの状態でボードに乗ります。そのスピードと、雪と顔の距離の近さが合わさってとてもスリリング!

両脇にある取っ手で方向転換、ブレーキは90度の角度で回転させて止まるというなんとも簡単すぎる操作に不安を覚えずにはいられません。

ただこの「Airboard」は、寝そべった状態で滑るため、激しく転倒する心配がないのだそう。

 

 

W③

 

 

ボードは、ウレタンゴム素材で出来ており、斜面のデコボコも吸収してくれるため、どんなゲレンデ状態でも滑走可能。膨らませて使うので、持ち運びも便利です。日本でもレンタルしているところがあるようなので、興味をある方は是非お試しください。

 

 

【Airboard】

見た目はカッコいいとは言えませんが、その楽しさは格別!

 

ウィンタースポーツはGoProでもっと楽しくなる!

ウィンタースポーツはGoProでもっと楽しくなる!

 

今や世界中で大人気のアクションカメラ「GoPro」。

このカメラが最も活躍するのがウィンタースポーツと言っても過言ではありません。

アスリートに限らず、趣味としてGoProを使って撮影して楽しむ人も増えました。

 

W⑩

 

GoProで撮影することの魅力は、なんと言っても今までにない臨場感溢れる映像が簡単に撮影できること。どんなシーンでも使える頑丈なカメラなので、アイデア次第で面白い使い方が出来ます!

 

 

【GoProを使いたくなるウィンタースポーツ動画はこちら】

 

 

あわせて読みたい記事はこちら!