2016.4.8

ハワイ観光局が始めたプロモーション「有休ハワイ」キャンペーンとは

ハワイ観光局が始めたプロモーション「有休ハワイ」キャンペーンとは

ハワイ州観光局は、2016年年1月26日に、新プロモーション「有休ハワイ」を発表しました。

 

「有休ハワイ」とは、”仕事が忙しくて休んでいる暇なんてない”、そう感じている人にこそ有休を用いてハワイに旅し、ハワイで癒しを得て、次の仕事のために、ハワイで英気を養ってもらおうというもの。

厚生労働省の推進する年5日の有給消化義務化に呼応したプロモーションとなっています。

仕事のための、ハワイ。

本プロモーションに際し、東京、大阪で5種類ものテレビCMを放映したり、交通広告を搬出したりするなどの大規模な宣伝活動を行っています。

 

 

▽有休ハワイ テレビCM 仕事のための篇1

 

 

また、特設サイト「有休ハワイ」を開設。

 

そこでは、ハワイのおすすめスポットを島ごと、ジャンルごとに確認することができます。

スポットにはそれぞれパラメーターが表示されており、「Sense(感性)」「低Vitality(体力)」「Passion(やる気)」「Communication(交渉力)」「Intelligence(知性)」という仕事に欠かせない5つの能力を、そのスポットにおいてどのくらい得ることができるかが一目でわかるようになっています。

 

各スポットをMY有休ハワイとして登録すると、お気に入り登録のような形でMYページにまとめて表示されるようになります。それに伴い、MYパラメーターが変化していきます。

 

更に、完成したページは旅のしおりとして印刷することができ、旅を盛り上げるアイテムの一つとしておすすめです。

日本の有休消化率は、世界ワースト2位。

日本の有休消化率は、世界ワースト2位。

エクスペディア・ジャパンにおける「世界26カ国 有給休暇・国際比較調査2015」によると日本の有給休暇消化率は2年連続で世界ワースト2位

世界規模で見ても非常に低い有休取得率。

 

その原因としては、「給料をもらいながら休むとは言語道断」といった一昔前の考えが抜け切っていないことや遠慮しがちな日本人の性格などが挙げられます。

 

 

日本で推進されている有休取得義務化の法案が成立すると、前後の土日などを用いて1週間まとまった休みを取ることが可能になります。

この連続休暇は、ハワイへの旅行に最適の日数だそう。

 

法案が通れば、有休は権利ではなく義務になります。

遠慮せず思い切って羽を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

有休使って、ハワイに行こう。

有休使って、ハワイに行こう。

 

1月26日には、「有休ハワイ」の新プロモーション記者発表会が東京にて開催されるなど、大々的にこのキャンペーンが進められています。

 

「パワーみなぎるハワイというスポットで、日々仕事を頑張っている人たちにリフレッシュしてもらいたい」という目的から発足したのが今回のプロモーションだそうです。

 

オアフ島やカウアイ島、マウイ島、ハワイ島など島だけでもバリエーション豊富な土地ハワイ。

ゴールデンウィークや夏休みなど、長期の休みには最適です!

 

青く澄んだ海、満天の星空、絶品パンケーキなど様々な事柄を楽しめるこの土地で、ワークライフバランスを今一度見直し、自分磨きに繋げてみませんか?

 

▼関連記事はこちらから

2016年ブーム到来?注目の海外旅行先6カ所をピックアップ!

 

あわせて読みたい記事はこちら!