2016.5.2

野外ライブフェスシーズン到来!参加時に必須の5アイテム

野外ライブフェスシーズン到来!参加時に必須の5アイテム

いよいよ4月も終わり、全国的に気温が上がってきました。

もう夏はすぐそこまで来ています!

 

ところで、夏といえば野外ライブフェスが毎年全国各地で行われていますね。

開放感のある中で大勢で盛り上がるのはとても楽しく、ライブフェスは毎年の楽しみだという方もいるでしょう。

 

そこで今回は、ライブフェスに欠かせないアイテムをご紹介します。

準備をきちんと行って、ライブを楽しめるようにしましょう!

飲料水(飲み物)

飲料水(飲み物)

夏フェスに参加すると、当然炎天下や暑い中長いこと日の光に晒されたり、屋内であっても人の熱気で高温の中ライブを観戦することになります。

 

張り切りすぎて調子が悪くなった、熱中症になってしまったなんていう人も毎年多くいます。

当然といえば当然のアイテムなのですが、やはり水分補給のための飲料水は欠かせませんね。

 

ただ、ライブ会場によってはペットボトルでの持ち込みが不可となってしまう場合もあります。

参加するフェスの注意事項には、事前に目を通しておくことをおススメします!

 

ちなみに、持ち込み不可の場合は会場内で飲み物を購入することになりますので、そのための準備もお忘れなく。

帽子・タオル

帽子・タオル

日差し防止、汗対策には当然帽子、タオルは欠かせません。

 

帽子に関しては通気性の良いものがおススメです。

顔だけではなく首も焼けやすいポイントになるので、キャップよりもハット型の物の方がより日差し対策に向いています。

一日中行われるフェスなどでは、日差しが落ちてきたら帽子をとるタイミングもあるはず。そんなときのために、折りたたみ可能で軽い素材の物がとなお良いでしょう。

 

タオルは、なるべく吸水性のある厚手のものを持っていくとよいでしょう。

加えてタオルは複数枚持っていくべきですね。

できれば、ハンドタオル1枚フェイスタオル1枚は必要です。

一枚を長いこと使っていると汗でべちゃべちゃになってしまうので、予備は準備しておきましょう。

 

会場内で好きなアーティストのタオルを買う方法もあります。

ただし、早めに購入しないと売り切れてしまうこともありますので、会場で調達する場合も予備のタオルも持参するべきです。

 

モバイルバッテリー

モバイルバッテリー

人の多いフェスでは、友人と連絡を取り合ったりしてなにかとスマートフォンの電池が減ってしまいます。

もし大事な連絡を受けられないと困るので、外出時に充電をきちんと済ませておくのはもちろん、忘れずにモバイルバッテリーも用意して行きましょう。

 

 

ただでさえ、携帯やスマートフォンは高熱が苦手なので、夏場はバッテリーが熱くなりがちです。

そのままにしておくと、充電の減りが早いだけではなく、故障の原因にもなりかねません。

 

負荷のかかるアプリや使っていないアプリは削除しておきましょう。特に、バックグラウンドアプリが起動したままになっていたり、使っていないGPS機能がオンになったままの場合もあるので注意が必要です。

冷却スプレー・フェイスシート

これは体を好きな時に冷やせるので熱中症対策に便利です。

また、ライブで飛び跳ねたりするとすぐに汗だくになってしまうのでそういうときに手軽に使えるのも良いです。

 

そしてライブでは周りに人が密集しますからお互い汗が気になってしまうものです。

そんなときに自分の汗対策にもなりますし、何人かの友達と一緒に参加するのであれば、1つあればみんなで使うこともできます。

 

お互いに周りを気にせず楽しむためにもこれは重要アイテムですね。

日焼け止め

日焼け止め

女性はもちろん、男性も日焼け止めを忘れずに持っていきましょう。

 

日焼け止めを購入する際に注目したいのが、SPFPAという値です。

 

SPFとは?

サン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略称です。SPF は、紫外線 B 波( UVB )を防止するパワーのこと。SPF値が大きいほど日焼けまでの時間を遅らせることができるという意味です。

 

PAとは?

PAは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略称です。UV-A(紫外線A波)を防止する目安の数値のこと。+値は4段階あり、+が多くなるほど、UV-Aに対する効果が高くなります。

 

日焼け止めは、SPF、PAも重視して購入しないとただ塗っているだけになってしまいます。

また、家で塗っていっても時間がたてば効力が薄れます。

終わって気づいたら腕がまっかっか…なんてことにならないように必ず持っていきましょう。

あわせて読みたい記事はこちら!