2015.12.23

仕事帰りにフラっと寄りたい「本とお酒を楽しめる」お店3選

仕事帰りにフラっと寄りたい「本とお酒を楽しめる」お店3選

街の本屋が次々につぶれてしまう時代。

そんな中、本屋という“メディア”の生き残りをかけて、近年新しい本屋の形が生まれてきました。

主流となっているのが「本を売り物にする」から「本屋を売り物にする」へのシフトです。

本×カフェ、本×バー、本×イベント、本×音楽というように、本と何かを組み合わせることで、

人々の知的好奇心を刺激するような空間が続々と生まれてきています。

仕事帰りにフラっと立ち寄り、面白そうな本をお酒と一緒に楽しめる。

そんな空間が増えてから、情報感度の高いビジネスマン達はすでに利用しているようです。

飲める本屋は、遅い時間までやっている場所がほとんど。

明日ちょっと立ち寄ってみようかなと思える、とっておきのお店をご紹介したいと思います。

森の図書室 @渋谷

森の図書室 @渋谷

渋谷駅から徒歩7分。

森の図書室は、本が読めて借りられる。そしてお酒が飲める。そんな空間です。本を借りられるなんて珍しいですよね。

「気軽に読書を楽しんでくれる人が増えたらいいな」という思いから、森の図書館では本の貸し出しを始めたそうです。本は飲食をしない人でも無料で借りることが出来ます。会員になると席料500円が無料に。

 

B7

 

B

▲様々なイベントも開催。今話題の“無音フェス”の様子。

「無音フェス」とは、サイレントディスコの事。会場内は通常のクラブイベントのように音がなっておらず無音で、各自のワイヤレスヘッドフォンで音を聴くというもの。若者の間でじわじわ人気になってきています。

 

 

B9

▲サーバーから注がれるビールがめちゃくちゃウマそう。ここは図書室です。

 

詳細はこちら→http://morinotosyoshitsu.com/

Library Lounge THESE @西麻布

Library Lounge THESE @西麻布

Library Lounge THESE (テーゼ)は、オーナーが、「知的欲求を刺激する書物に囲まれ、お酒を飲みながら、大好きなカレーライスが食べたい」という想いから実現したお店です。「西麻布の夜の図書館」として大人が上質な時間を過ごせる空間を提供しています。

 

BB3

店内には、旅、食、音楽、映画、人文、思想、哲学、絵本、漫画など様々なジャンルの蔵書が3000冊あり、図書館でも本屋でもない独特の私的セレクションが魅力的です。

 

 

BB4

▲テーゼのカレーを食べに訪れる方も多いのだとか。

 

詳細はこちら→http://www.these-jp.com/#

本屋B&B @下北沢

本屋B&B @下北沢

ビールを片手に、文学、アート、デザイン、マンガ、ビジネス、人文科学、社会科学、自然科学などの厳選された良書が楽しめる本屋B&B。B&Bの由来は「Book &Beer」。

ブックコーディネーターの内沼晋太郎さんが、博報堂ケトル代表の嶋浩一郎さんと2012年に開きました。24時まで営業しているというのが嬉しいですね。

 

BBB1

 

 

BBB4

この本屋の特徴は、ほぼ毎日のように開催されているイベント。テーマに応じた作家やクリエイターを招いたユニークな企画を行っているのが大好評なのだそう。

 

 

BBB2

読書用品ブランド『BIBLIOPHILIC』(ビブリオフィリック)や『KONTARST.koncept』のインテリア雑貨なども販売しています。

 

 

詳細はこちら→http://bookandbeer.com/

 

 

 

どのお店も仕事帰りの遅い時間にも立ち寄れるので、ぜひ利用してみてはかがでしょうか。

あなたの人生を変える一冊の本に出会えるかもしれませんよ?

引用

http://www.timeout.jp/tokyo/

http://morinotosyoshitsu.com/

http://matome.naver.jp/odai/2135987963415520001

http://www.brooklynparlor.co.jp/bar/

http://www.these-jp.com/#

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/45820

http://bookandbeer.com/about/

あわせて読みたい記事はこちら!