2016.2.26

乗り遅れるな!ハイスペックで話題のスマホをご紹介

乗り遅れるな!ハイスペックで話題のスマホをご紹介

次から次にスマートフォンの新機種が発売されていますね。

常に最新のものを持っておく必要こそありませんが、新たに購入しようかと考えている方にとっては検討しているスマホが必要かどうかは非常に重要な要素となってくるはずです。

 

そこで今日は最近発表されたハイスペックスマートフォンをいくつかご紹介致します。

新機種購入の際のご参考にぜひどうぞ。

 

Xperia X

Xperia X

2016年2月、Sony Mobileが、新ブランド「Xperia X」シリーズを発表しました。

「Xperia X」「Xperia XA」「Xperia X Performance」で構成されるこれまでのXperiaシリーズとは一線を描く全く新しいシリーズ展開となっています。

十時社長が「ジャストフィットなサイズ」と表現している「Xperia X」シリーズの画面サイズは 5インチ

Xperia-X-all-654x384

新規にプレディレクティブハイブリッドフォーカスを実装し、物体の動きを予め追跡する高速なフォーカスが可能なカメラを搭載しています。

これはSONYの一眼レフカメラであるαシリーズの開発チームとの共同開発によって実現したとのこと。

 

バッテリーはおよそ2日間持続するよう設計されているそうです。

 

日本での発売は2016年夏になるそうで、日本では「Xperia X」シリーズ最上位モデルの「Xperia X Performance」のみ販売。

いずれもカラー展開はホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールドとローズゴールドとなっています。

 

Galaxy S7

Galaxy S7

2016年2月発表の「Galaxy S7」。

「Galaxy S7」と「Galaxy S7 edge」が同時に発表されたものの、グローバルでの発表のため、日本における販売については現状不明となっていますが、日本での発売はほぼ確実と見られています。

 

新機能として、時刻などを常時表示することが出来る「Always-On Display」が搭載されています。

これまでのスマートフォンでは時間や着信を確認するために一度画面を起動する必要がありましたが、Always-On Displayを有効にしておくと、時計などを常時起動されておくことができるため、わざわざ画面を起動する必要が無くなるそうです。

Always-On Displayは有機ELディスプレイで表示している箇所のみを発光することが可能なため、画面の黒い部分はバッテリーを消費しない特殊な造りとなっています。

 

ソフト面では新たな機能として、ゲームプレイ時のパフォーマンス制限機能、各種通知の制限機能、バックボタンの一時無効化、プレイ動画の録画機能など、ゲーム 支援機能を搭載。

ゲーム専用のランチャー画面やゲームプレイ中にすぐに操作するためのフローティングアイコンなどの新しいUIも用意されています。

プレイ動画を録画するときには、インカメラを用いてプレイヤーの顔や声を同時に記録することもでき、プレイ中のゲームを終了することなく、一時停止状態を維持し、他のアプリを起動し、後でゲームを再開できるようにする機能も搭載されています。

 

ハードウェア面においてはカメラ性能が大幅に向上しています。

とくに暗い場所での撮影に強くなっていて、レンズはf/1.7(Galaxy S6はf/1.9)と明るいレンズで光学式手ぶれ補正に対応しています。

センサーの受光素子の面積は56%大きくなって感度も向上しています。

 

LG G5

LG G5

LGエレクトロニクスが2016年2月に発表した同社のフラッグシップモデルとなる、「LG G5」。

 

LG G5は、LGのフラッグシップモデルという位置づけのスマートフォンとなっています。

CPUにクアルコムの「Snapdragon 820」を標準装備し、4GBのメモリーを搭載していて、ディスプレイは5.3インチのWQHD。

背面に2つのカメラを内蔵しておいて、広角135度のパノラマ写真を撮影することが出来ます。

金属製のユニボディで、クオリティの高い逸品となっています。。

 

もちろん最新機種だけあってスペックもXperiaやGalaxy に引けをとりません。

しかしLG G5は、「もっと楽しむ(play more)」がコンセプトに掲げられていて、デバイスやアクセサリーに、さまざまなギミックを組み込んだユニークな製品となっているところもポイントになっています。

 

例えば取り外し可能なバッテリーがその一例となっています。

金属製のスマートフォンは、一般的にバッテリーが内蔵型であるため取り外せません。

これに対してLG G5はデバイス下部を引き抜くことで、バッテリーを着脱できるようになっています。

これは他の金属製のスマートフォンには見られない特徴と言えるでしょう。

まとめ

まとめ

最新機種の一部ではありましたがご紹介致しました。

それぞれ独自の特色を存分に発揮し、私たちに新しい世界を次々と見せてくれています。

近々、ついにiPhoneの新機種の発表が行われるとの噂もあるので今後ともスマートフォン市場に目が離せませんね。

あわせて読みたい記事はこちら!