2016.3.11

トレンドスーツが知りたい!2016年春におススメの一着とは

トレンドスーツが知りたい!2016年春におススメの一着とは

季節も進み、だんだん暖かくなり春の足音が近づいてきていますね。

この季節の変わり目に、新しいスーツを着てみるのはどうでしょうか?

 

スーツにもその年のトレンドが存在します。

やっぱり毎日着るスーツですから、毎日似たようなものを着るのはなんとなくつまらないですよね。

 

流行を程よく取り入れつつ、季節感を大事にしたスーツを着ていると、周りからの印象もアップしますよ!

そこで今回は、この春流行しそうなスーツについて紹介します。

チェック柄&格子柄

チェック柄&格子柄

春の新作として注目を集めているのは、チェック柄&格子柄スーツです。

イギリスの伝統的なモチーフであるチェック柄ですが、今季はとくに大き目のチェック柄がおすすめ

 

グレーの落ち着いたチェックや、一見無地に見えて、糸の織りでチェックを表現したシャドウチェックなど、好みに合わせて様々なものを選んでみてください。

また、ネクタイもアクセントになるような比較的明るめの色を使うとよいでしょう。

清潔感と爽やかさが表れる、ブルー系のシャツやネクタイはどんなトーンのスーツでも使えるので、一つは絶対持っておきたいところですね。

できる落ち着いた大人の男感を出すには、チェックがおススメです!

 

上級者向けに見られがちだった「ブルースーツ」

上級者向けに見られがちだった「ブルースーツ」

それまでは上級者向けという印象だったブルースーツも今年のトレンドです。

使いやすいネイビー色はもちろん、春らしい明るくて爽やかなライトブルーなどがいいですね。

 

普段は無難なブラックやダークグレーばかりを着ていることから、なかなか他の色を試す勇気がない人も大丈夫!

 

そういう人にも使いやすいブルーグレーなどもあるので安心ですね。

ブルーがトレンドということで、明るい色に挑戦するにはちょうどいいかもしれませんね。

「クラシカル」なデザイン

「クラシカル」なデザイン

 

ブルースーツの他、今年のトレンドテーマとして「クラシカル」なスーツも挙げられています。

その最たるものがスリーピーススーツです。

 

ブラックのピンストライプや、春らしい明るめのグレーやクールにグレーワントーンなんていうのもいいでしょう。

クラシカルなデザインのスーツが多く売り出されるようなので、自分の好みに合わせて選べそうですね。

クラシカルデザインを着ても、ビジネスシーンでさりげなくジャケットを脱いでも、フォーマル感は損なわれることはありません。

むしろスタイリッシュになります。

クラシカル再来の象徴 「ダブルスーツ」

クラシカル再来の象徴 「ダブルスーツ」

また、今年はダブルスーツ流行の年でもあるようです。

ダブルスーツと聞いて「自分にはまだ早い…」と尻込みしてしまう人もいるかもしれません。

 

ですが、決してそんなことはありません。

確かに貫禄ある大人の男が着る服というイメージが強いダブルスーツです。

 

着こなし方さえ押さえれば、若くてもお洒落に着こなすことができます。

 

また、ダサく見えないようにするにはサイズ感とボタンの位置が重要で、横のボタンの並びが、例年のデザインに比べて、狭いのものが今年のデザインになっています。

トレンドに上がったからには、この際ですから一度思い切って着てみるのもいいと思います。

今までなかった安さを実現!「SEIYU 激安スーツ」

今までなかった安さを実現!「SEIYU 激安スーツ」

これまでの上品さ溢れるスーツとが趣が異なりますが、最近話題になった激安スーツもおススメです。

百貨店のSEIYUは昨年から、スーツの価格競争市場に参戦し、なんと8,800円のスーツの販売を開始しています。

 

デザイン性と機能性を両立させたスーツは、まさにコストパフォーマンス抜群。

しわになりにくいイージーケアの生地を採用し、スラックスには自宅でも洗濯ができるウォッシャブル機能がついています。

 

出張先のトラブルなどで「急にスーツが必要になった」、という場合にもすぐに対応できるので嬉しいですね。

お手軽に購入できるスーツ、一度店頭で確かめてみてください!

まとめ

スーツにあまりこだわりはない、無難なものでいいという人も、この春を機に少しスーツにも自分色を出してみてはどうでしょうか?

毎朝なんとなく着るスーツにも試しに遊びを取り入れれば、意外と様々なものを試したくなるかもしれません。

もちろん日頃からスーツにこだわりを持っている人は、これらを参考にトレンドとこだわりをうまく合わせてカッコいい着こなしを見つけてくださいね!

 

あわせて読みたい記事はこちら!