2016.7.22

いつもと違う一工夫を!花火大会の楽しみ方3選

いつもと違う一工夫を!花火大会の楽しみ方3選

夏の風物詩といえば「花火」を思い浮かべる方が多いと思います。

 

花火大会にいってただ花火を見上げながら楽しむのも良いですが、花火を見ながら別の楽しみを混ぜることでより花火大会を楽しむことができます。

 

今回は、ちょっと大人な花火大会の楽しみ方をご紹介します。

 

ぜひ参考にしてみてください!

人の少ない場所で

人の少ない場所で

花火大会は、当然多くの人が集まります。

 

ゆったりと花火を楽しみたいのに周りが騒がしいとなんだか損した気分になってしまいますよね。

 

そのような事態を避けるため、あらかじめ静かな場所を下調べしておきましょう。

 

少し小高い丘の上、ベランダなど自分の空間をつくることができる場所を選びましょう。

 

静かな空間で夜空に輝く花火を見ればより一層花火の魅力を味わえるでしょう。

お酒を飲みながら

お酒を飲みながら

花火をずっと見て頭を上げっぱなしだとさすがに疲れてきます。

 

ときには、お酒やおつまみを片手に首を休めながら音を聞くだけでもまた違った味わい方ができます。

 

彼女や奥さんと一緒にお酒片手に花火を味わうというのもまた一興です。

 

普段はいえないようなことも花火の雰囲気に流されていえてしまうかもしれませんね。

寝転がって見る

寝転がって見る

多くの人がたったまま頭を上げて花火を見ます。

 

ただ、やっぱり頭を上げっぱなしだと首が疲れてきます。

 

それを防ぐために、広い場所にビニールシート等を敷いて寝そべって見てみるのもおススメです。

 

視界には空と花火だけが広がるので、これもまた花火の良さをより一層堪能できるでしょう。

 

場所は河川敷や公園等で、かつ人気の少ない場所を選びましょう。

 

人の多い場所で寝転がるのはさすがに迷惑なので(笑)。

まとめ

いかがでしたか?

 

これから夏本番を向かえ、花火大会も各地で沢山開かれることと思います。

 

会場に行く人はしっかり下調べをしたり、家で見る人は楽しみ方をいろいろ試してみたりして自分に合った楽しみ方を模索してみてください!

あわせて読みたい記事はこちら!