2015.11.14

【機種変更に悩む方必見】実際どうなの?iphone6Sの話

【機種変更に悩む方必見】実際どうなの?iphone6Sの話

広がり始めた「iPhone6S」

買い替えに心が揺らいでいるものの、決めかねている方も多いのではないでしょうか。

今回は、iPhone6Sの特徴=メリットをご紹介。

自分の目的と照らし合わせ、購入するかどうかを決められることを提案します。

 

iPhone6Sの5つのメリット

iphone6s-e1441502993537

 

 

iPhone6Sの特徴一言で表すと、「反応がいい」という言葉に尽きます。

劇的に使い勝手が良くなった機能もあれば、それほど進化を感じられないものもあるというのが正直なところ。

それでは、iPhone6Sの特徴について細かく見ていきましょう。

 

特徴① 3D Touch

「3D Touch」は、iPhone6Sの一番の特徴です。

今までは、「タップ」(軽く触れる)「プレス」(しっかり触れる)の2種類のみでしたが、iPhone6Sから「深いタッチ」を判別するようになりました。

 

これによって、機能を一段とスムーズに使いこなすことができ、作業のスピードアップが可能となりました。

例としては、ホーム画面のままアプリ内の機能を使うことができるということが挙げられます。

 

スクリーンショット-2015-09-10-6_28_04

 

この機能を使いこなせば、格段に作業ペースが上がるでしょう。

 

特徴② 強度があがった

iPhoneを落として画面を割ってしまったという経験をした方は少なくないと思います。

ひびの入ったままの格好悪いiPhoneを使い続けているのであれば、修理に出すより強度の高いiPhone6Sに買い替えることをおすすめします。

 

とにかく割れやすいというiPhoneの欠点を克服すべく、強度の高い部品を用いています。

外側は航空宇宙産業でも使われているアルミを使用し、強度を高めているほか、液晶画面自体の強度もあがっています。

 

特徴③ 新色「ローズゴールド」

iphonepink

 

こちらは、新色である「ローズゴールド」

今までにない上品なピンクが印象的です。

ローズゴールドは、発色が非常にいいと評判なので、カラーが気に入ったからというシンプルな理由での買い替えもアリ。

 

特徴④ 通信高速化

「A9プロセッサ」の搭載でiPhone6から約2倍の高速化に成功。

実際に使ってみると、反応がとてもいい。

CPU(実行速度)全体で70%、グラフィック処理で90%高速化。

特にアプリを使っている際には、強く実感することができます。

 

cpu

 

指紋認証の高速化も目立ちます。

 

スクリーンショット-2015-09-10-6_17_45

 

 

特徴⑤ 画質の向上

iPhone4Sに800万画素カメラが搭載されてから、4年ぶりに画素数が向上しました。

その画素数は、なんと1,200万画素

画質の良さも注目すべきポイントですが、画面の明るさを通常の3倍にしてフラッシュとして利用できる「Retina Flash」という機能の評判も上々です。

 

スクリーンショット-2015-09-10-3_51_17-1024x640

 

iphone6slowlightcomparison-800x600-e1443482672645

 

さらに、ビデオでは4Kを撮影できるようになり、あまりに綺麗な画質に巷の一眼レフを超えたとの声もあがっています。

しかし、問題は容量。

4K動画を撮影すると一気にデータフォルダを圧迫されてしまうようです。

動画や写真をたくさん撮りたいと考える方は、16GBの購入はおすすめしません。

 

 

iPhone6Sの魅力

iPhone6Sの魅力は伝わったでしょうか。

①3D Touch

②強度が上がった

③新色「ローズゴールド」

④通信高速化

⑤画質の向上

 

以上の5つがiPhone6Sの主な特徴です。

買い替えを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

あわせて読みたい記事はこちら!

資料引用:http://smaho-kyokasho.com/iphone6s-review